アワー・ミュージック

正しいヒマの過ごし方。楽しいお金の使い方。

賽の河原

 河原で石を積み上げるような仕事を始めました。作業自体は単純だけど、石の種類や色、積み方や置き場所がいろいろあって、慣れるまでは大変そうです。平日フルタイムできりきり働く所存です。毎朝7時に起きています。日付が変わる前に寝るようにしています。

 次の出勤時間の12時間前には僕は緊張し始めるので、働いて帰ってきて自我を保っていられる時間が2時間くらいしかありません。それでもウルトラマンの40倍です。明日も早い、明日も仕事という事実を認識しているだけで粛々とした気持ちになり、のんびり余暇の時間を楽しもうなんて気持ちになりません。これは性格もあるでしょうが慣れもあるのでしょうか。

 週5でフルタイムで働いていると、このように平日は何もないまま、日記に書くことが何もないまま過ぎていくものなのでしょうか。僕の場合、好きなことを一度し始めるとそれを優先しすぎるあまり労働に支障が出てしまうので、労働をする場合は好きなものなんてなかったような顔をして過ごすしかないのですが、そうすると好きなことを我慢してまでなぜ僕はこんなところで延々と石を積み上げなければいけないのか…という気持ちになってしまって苦しいので気をつけたいと思います。気をつけるって何を??

 

 しかし働くとお金がいっぱいもらえます。このことをひとときも忘れてはいけません。これはやらされているのではない、僕は稼いでいるのだ…と思うとちょっと意欲も湧いてきます。疲れたらちゃんと休みましょう。虚ろな目をして横たわるだけが休息ではないのだと、僕はようやく分かり始めてきた。信じられないような話だったけど、例えば休むために近所をひとっ走りするということもありうるのだ。わがまま坊やのまま大きくなってしまった僕は労働も休息も気分転換も一日のうちに済ませないとどこかにガタがきてしまうけど、時間が限られた中で、はっきりと区切られたその間に、上手に気分転換なんて出来るものなのか?今から1時間気分転換しよう!とか思って気分転換するものなのか?そんなエアコンのモード切り替えみたいなことができるのか?僕の人格はOSが古くてその機能に対応してない。そもそも気分を切り替えてどうするんだ…また1時間後には気分を戻すのに…と思ってしまう。何言ってるかさっぱりわからんな。